鹿児島市鴨池、郡元電停近くの鍼灸マッサージ院|はり・きゅう・美容鍼・発毛

初心者のための鍼灸講座

初心者のための鍼灸講座 施術までの流れを解説

 

体のつらいコリ、疲れを早く改善させる方法として鍼灸治療があります。鍼灸治療をしたことがない方は、本当に痛みが取れるのか、体への負荷はどの程度かかるかなど、わからないことが多いでしょう。そのような場合は、まず体験コースを利用して、鍼灸治療を体験していただくことをおすすめします。

このページでは、はじめて鍼灸治療を受けようと考えている方が、どのようなことに気をつけるべきか詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

 1.  鍼灸体験コースを利用しよう

鍼灸治療を一度も体験したことがない方は、継続的に通う前に体験コースを利用してみてください。体験コースはさまざまな鍼灸院で実施しています。体験コースのメリットとしては、次のような点があります。

 

体に合うかどうかを見極められる

鍼灸治療は、通常のもみほぐしや整体とは異なり、筋肉に直接アプローチをする治療です。そのため、施術が合う方もいればそうでない方もいたりと、治療後に現れる体の症状も人それぞれ異なってきます。そのため一度鍼灸治療を体験し、自分の体に合うかどうかを見極めることをおすすめします。今後、継続的に施術を受けるかどうかの判断材料になりますし、事前にトラブルを避けることもできます。

 

低価格で体験できる

体験コースの場合、通常の施術術料金よりも30~50%割引で施術を受けることができます。万が一鍼灸治療が合わない方でも、価格が安いので損をした気分にはなりません。また低価格で利用することで、自分にぴったり合うお店を探すこともできるので、まずは体験コースを利用してみましょう。

 

2.  施術当日に気をつけること

もみほぐしなどのマッサージとは異なり、鍼灸治療を行うには施術を受ける当日に気をつけなければいけないことがあります。トラブルなく治療を行い、効果を最大限に引き出すためです

スムーズに治療を行い、効果を上げるためにも、実際に治療を受ける際は、次の点に注意してください。

 

体調が悪い時は避ける

高熱、飲酒、極度の疲労などといった症状がある場合、治療は避けるようにしてください。これらの症状がある時は、鍼灸治療をしても体の痛みを改善させることができません。体調は万全に整えた上で施術を受けるようにしてください。

 

食事は1時間前にとる

鍼灸治療は、体に負荷をかけます。食後すぐに施術を行うと消化の働きを妨げる可能性があります。そのため、回復が遅れてしまうおそれがあるので、食事は施術の1時間前にはとるように心がけましょう。

 

脱ぎ着しやすい服装を身に着ける

鍼灸治療では、鍼を直接体に刺すことになります。そのため、着ていく服装はスムーズに脱ぎ着できるものを選ぶようにしましょう。鍼灸院によっては施術用の服を貸し出してくれるところもあるので、服装が気になる女性の方は、このような鍼灸院で施術を受けるようにしてください。運動をするような動きやすい服装で行くことをおすすめします。

 

3.  施術後に気をつけること

施術後にも気をつけることがたくさんあります。施術後は、鍼治療の効果をより高めるために次の点に必ず注意して行動するようにしましょう。

 

過度な運動は控える

施術後に過度な運動をすると、せっかく改善した筋肉の組織が壊れ元に戻ってしまうことがあります。効果的な施術を期待するのであれば、鍼治療を受けた日は安静にして過ごすようにしましょう。鍼治療後の体の変化がその後の回復に大きく影響するので、当日の運動は絶対に避けてください。

 

患部をマッサージしない

鍼灸マッサージをすると、血行が促進され内出血を引き起こしやすい状態になります。そのため、患部のマッサージはなるべく控えるように心がけてください。また、患部が冷えすぎると施術効果が薄れてしまうので、必ず温めるよう心がけましょう。

 

飲酒をしない

お酒を飲むと、知らないうちに筋繊維を傷つけることになってしまうことはあまり知られていません。鍼灸治療後に飲酒をすると、筋肉に起きたせっかくの良い効果をうち消してしまう可能性があるので、なるべく控えるようにしてください。

 

好転反応に気をつける

鍼治療後にめまい発熱痛みしびれの症状が現れることがあります。これらは鍼灸治療の影響の可能性が高く、好転反応と呼ばれています。このような症状は定期的に治療を受けていくと軽くなることが多いですが、最初の頃はこれらの症状がどの程度出るのかを意識しましょう。あまりに好転反応がひどければ、治療が合っていない可能性があるのでやめましょう。

 

十分休む

鍼灸治療を行うことで、血流が改善し強い眠気などを感じることがあります。施術後はしっかり休むことをおすすめします。可能であれば家でゆっくり休みましょう。施術後に長時間の運転を控えているのであれば、一時間程度はゆっくり休み、すっきりした状態で運転をしましょう。

 

4.  どのくらい継続する必要がある?

鍼灸治療のオススメの間隔は5〜7日程度です。定期的に施術を受けることで鍼灸治療をより効果的に受けることができます。もちろん、効果は人によってさまざまです。適正な間隔も人によって大きく異なるので、わからなければ専門家に相談して継続的に通う日数を決めましょう。

 

5.  まとめ

鍼灸治療は、継続的に受けると体をすっきりさせることができる便利な治療方法です。腰痛やつらい痛みを軽減させることができるので、つらいコリに悩まされている方は、ぜひ鍼灸治療を受けてみてください。

『 しみず鍼灸院レジリエンス 』では、鍼灸治療が初めての方でも安心して通うことができるよう配慮した施術を提供しています。鹿児島県で鍼灸治療を検討している方は、ぜひ当院をご利用ください。

 

 

2019年9月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930